福岡のインビザライン矯正 豊嶋歯科 092-863-0219

ホーム インビザラインの特徴 インビザライン治療の流れ 患者様の声 治療費用 矯正歯科Q&A







(米国大手マーケティング調査会社が
2004年4月に225名を対象に実施)
インビザラインは不正咬合を治療するため、ドクターの治療計画に基づき、患者さまひとりひとりカスタムオーダーで製造される透明のマウスピース型矯正装置です。米国アラインテクノロジー社が開発した、ワイヤーにかわる新しい矯正治療法です。
これまで全世界で120万人(2010年4月現在)を超える方がインビザラインで治療を受けています。日本では2006年度より販売が始まりました。
米国での実績は高く、マーケティング調査では治療を受けた約90%の方が結果に満足しているとのデータが出ています。

矯正していることを知られたくない方、目立たない矯正をご希望の方、またワイヤーを装着することに抵抗のある方などにお勧めの治療法です。

「インビザラインは透明で目立ちません。あなたのより素敵な笑顔のために選んでみませんか。」

インビザラインは治療計画に基づき少しずつ変化させたアライナー(マウスピースのこと、インビザラインではこう呼びます)を2週間ごとに装着し、歯を動かしていきます。食事と歯磨き以外の時間、1日20−22時間の使用で、ご自宅で治療を進めていくことができます。

インビザラインでは、クリンチェックと呼ばれる独自の3D(3次元)シミュレーションソフトを通じ、インビザラインドクターとアライン社の双方向的なやり取りをもって、コンピュータ画面上にて治療完了に至るまでの総合的な治療計画を立案します。よって患者さまはクリンチェックが表示する3Dアニメーション動画を通じ、ご自分の矯正治療後の歯並び、さらには治療中の歯の動きを事前に確認することができます。

↑ クリックで動画再生

↑ クリックで動画再生

治療計画が決定したら、その計画を忠実に具現化すべく、アライン社独自のCAD/CAM(光造形)技術を通じ各段階のアライナーが作成され、インビザラインドクターのもとへ届きます。








インビザラインの製造プロセス

患者様の声

インビザライン治療の流れ

治療費用

矯正歯科Q&A


豊嶋歯科・矯正歯科



福岡市城南区茶山4-3-36

地下鉄 茶山駅、金山駅から徒歩5分
西鉄バス 茶山団地前から徒歩2分
茶山四つ角より福大方向へすぐ
[>MAPを見る]

福岡市城南区にある豊嶋歯科・矯正歯科は、地下鉄七隈線「茶山」と「金山」駅の間に位置しています。今後とも、福岡市城南区をはじめ、福岡市中央区、福岡市早良区、福岡市南区など、福岡市の皆様に愛される歯科医院として頑張ってまいります。




Copyright (C) 2010 福岡インビザライン矯正 豊嶋歯科. All Rights Reserved.